ページ 11

ファームウェアアップデート(バージョン1.1.0)のお知らせ

投稿記事Posted: 2011年4月27日(水) 11:38
by 1068admin
デジタルテロッパEN-NL1068をご利用の皆様へ。
ファームウェアの新しいバージョン1.1.0を公開しました。

マニュアル36ページ(旧マニュアル19ページ)の手順を参照の上、バージョンが古い方は、下記よりファームウェアファイルをダウンロードし、更新を行ってください。

http://download.digitaltelopper.com/

バージョン1.0.9からの主な変更点は以下の通りです。

    表示方式にスクロールしない「字幕表示方式」を追加
    ユーザー入力に「字幕表示方式」関連のパラメータを追加

「字幕表示」方式の利用の仕方
同じホームネットワーク内のパソコンのブラウザでWEB設定画面を表示します。
左側の「システム設定」から「コメント設定」を選択します。
右側に「コメント設定」画面が表示されます。
いちばん上の「表示」の項目で「字幕(黒背景-あり)」「字幕(黒背景-なし)」を選択します。
「更新」ボタンを押すと変更が反映されます。

※「字幕(黒背景-あり)」を選択すると、画面上の文字に黒背景が表示されます
※字幕表示でテロップが1行の場合表示位置は中央になります。テロップが複数行ある場合はテロップは左寄せで表示されます。また、表示しようとするテロップが設定で指定されている行数を超える場合は次の表示へ引き継がれず、そのコメントは途中で途切れます。
※「字幕表示」方式の透過度、文字影は「字幕設定」メニューから行います。同様に「スクロール」方式のスクロール速度、透過度、文字影は「スクロール設定」から行います。

リモコンによる表示方式の切替
リモコンの[その他]ボタンを押してからすぐに[4]ボタンを押すと、スクロール方式→字幕(背景あり)→字幕(背景なし)の順で表示方式が切り替わります。

ユーザー入力のパラメーターの追加
パラメータに字幕モードのみ有効の「left」を追加しました。
字幕表示の場合にテロップの表示位置を指定します。指定数値は左端からのピクセル数となります。

leftパラメータを指定する場合は、同時にrowパラメータを指定します。
例) data=TEST&row=1&left=100
※現在の仕様では同時に複数のコメントを表示することはできません。

例:(data=てすと&color=1&row=1&left=100) の後に(data=てすと&color=2&row=1&left=300)のコマンドを送信した場合には開始位置 300から、"テスト"が表示されます。100の"テスト"は削除されます。

別の行を指定した場合には、同時に表示されます。
例:(data=てすと&color=1&row=1&left=100) の後に(data=てすと&color=2&row=2&left=300)

行のデータを削除する場合には、スペースを送信します。
data=%20

なお、ファームウェアの更新中は絶対に本体の電源を切らないでください。
交信中に電源が切れるとファームウェアが正常に更新されず、本体が起動しなくなる場合がありますのでご注意ください。